Archive for the ‘未分類’ Category

#見守り カメラを変更する(つもりが) #介護 #スマカメ

母の見守り目的で設置したPanasonicのBLCシリーズ+ミエマスネットも10年目。これまでもいろいろ調べてはいたのだが決定打がなく延び延びになっていたが、さすがにいつ壊れても不思議じゃない状況なので取替えを実施する。

現状には概ね満足しているので、下記要点を満足する機種を探す事になる。
・ハード・ソフトの安定性・信頼性(国産を選びたい)
・動体検知による録画機能
・PCでの利用が前提(複数カメラ同時表示)
・夜間暗視機能強化(※父は暗闇で行動することが多く現在のBLCでは捉えることが出来ない)

で、いきなり結論ですが要望を満足する機器を発見できず妥協案として
・基本的にPLANEXのスマカメシリーズを採用する
・動く限りBLCシリーズも継続使用する(但し、ミエマスネットは解約する)
・予備として中華なカメラも使用する

何と言ってもパナソニックがBLC系製品を廃止したのは痛かった!
また単純にスマカメに交換出来なかった理由は
・スマカメは有料ソフト「スマカメPro」でPCによる複数カメラ同時表示は可能だがハッキリ言って評判が良くない。

その為、家庭内(LAN)では今まで通りBLCシリーズによる複数カメラ同時表示を利用し、外出時はスマホからスマカメを利用する。
・スマカメの録画は度々不具合が発生するのでBLCでの録画も継続する。
・スマカメはネットワーク周りも不安がある為、外出時のバックアップとして試験的に購入した中華なカメラ1台も使用する。
て事で、BLC3台に加えスマカメ3台、バックアップ1台で計7台体制という仰々しい状態に(苦笑)

まぁ良くなった点もある
・なんといっても新しい
・暗視機能はあきらかに強化できた
・有料サービス「ミエマスネット」解約(カメラも含めてコスト的には助かる)

これも時代の変化。慣れるしかないかぁ

 

.

広告

#認知症 あるあるだった?ティッシュパーティー #介護

以前に書いた「ティッシュパーティー?」。最近は更に進行?してボックスからとりだしたらしい数枚のティッシュを折りたたんだものを、ありとあらゆるポケットに「これでもかっ!」て感じで詰め込んでいる。事前に確認したつもりでも洗濯機から取出す時に「あ”~!!」な事も度々。「ほんとに変なことしてくれるなぁ」と思っていましたが、これがどうやら「認知症あるある」らしいです。

■これも「認知症の人あるある」? ティッシュを溺愛する父

肝心な事は忘れちゃうし出来ないのに余計な事?は熱心というのかキッチリやらかしてくれる。本人達が実際どう思ってやっているのか分からないけど同じ様な症状の方がいるのを知ってちょっと安心(と言うかどうかはアレですが)するような?

 

 

.

それじゃ意味ねーじゃん #介護 #認知症

最近のオカシナ行動。入浴する→食事する(程度はいろいろで、要は何か口に入れる)→布団に入る。しばらくすると入浴から再度同じパターン。なんて事を何度も繰り返してる。どうやら横になるとそれまでの事はリセットされちゃうらしく「ふりだしに戻る」状態?

浴室には鍵を付けたので夕方デイサービスからの帰宅に合わせて解錠してワタシが寝る時に施錠するようにしていたが、父が入浴したら施錠しなければならなくなったわけです。で、本人はリセットされちゃってるので「風呂に入るから鍵を...」て話しになっちゃうのだが「今、風呂から出て来たばかりだよ」と説得するしかない。父的には納得いかない様子(まだ、入っていない気分なので)だが仕方ない。

この事を精神科(認知症センター)受診時に相談してみたら「元々、夕方は時間感覚が曖昧になりやすい時間帯なので、入浴する時間や横になる時間を少し遅らせる事が出来れば良いのだが」とか。

で、浴室の解錠を遅らせてみたら...寝ちゃいました。

それじゃ意味ねーんだけど!!!

「風呂命」な父にとっては入浴できないなら寝ちゃえ。て事なんでしょうね?「待つ」とか「別の事をする」(先に食事するとか)選択肢はないらしい。

まったく、おそるべしボケ老人。

<追記>

上の流れでいけば、そのうちリセットされて入浴するかと思っていたら、こーゆー時にはそのまま寝ちゃうんだぁ。じゃ仕方ないので薬を飲ませようと声を掛けると機嫌が悪い悪い。で、帰宅して即行寝ちゃうって事は夜中に起きるよなーこれはっ。(汗)

 

.

I ♥ NY(入浴) #介護 #認知症

父の「お風呂(入浴)」への拘りについては以前にも書いたが、浴室に施錠する事で夜間や一人で留守番中の入浴は出来なくなりひと段落。

かと思ったがナンカ変だゾ。

昼間デイサービスで入浴し帰宅後にも即入浴。まぁ「風呂好き」なんだろう、今は寒しとか思っていたが、さっき風呂から出たと思っていたら再び入浴。アレ?と思っていると再び浴室へ。これは流石にマズイ!「そんなに何度も入浴したらダメ」だと止めに行くと「まだ入ってない」とか。なんだ??こりゃ入浴直後に再度施錠しなきゃダメなのか?

そして最近目立つのが夜間であれ昼間の居眠りであれ「目覚めたら入浴」になっていること。わざわざ部屋までやって来て「風呂に入りたい」と言うので「夜中だから」とか「昼間はやめておいて」と返すと、「夕方じゃないのか?」とか「夜中?じゃ今まで寝ていたのか?」とか。そう、自分が今まで寝ていて目が覚めたところだという自覚がないらしい。

デイサービスが無く自宅で過ごす日はほぼ居眠り状態だが、医師に「日中眠くないか?」と聞かれても「そんな事はない」の返事。どうやら本気で居眠りの記憶がないらしい。更に夜間の睡眠も記憶がないのだろう。よって本人にとっては「目が覚めたから」ではなく通常の生活の続きとして「さて風呂に入ろう」状態になっているらしく、ベットの中にいてパジャマを着ていること窓の外は暗いこと等々は一切意識できないのでしょう。

認知症あるあるの「ご飯まだ~?」じゃなくて「風呂はまだ~?」な父に残っているは、食欲よりも入浴?

昨年秋から精神科(認知症センター)への通院を続けており薬もだいぶ増えてのこの状態。医師からも「完璧を求めず、出来る範囲で」という言葉が...まぁ期待すれば現実との差で介護家族のストレス増となることは理解できるし、今の所は浴室を覗いて施錠されていれば諦めている様子だし暴力暴言まではないので(深夜、早朝に起こされるのはちょっとアレだが)「ほどほどで諦めも肝心」てことですかね。

 

 

2019年なんとか明けました。けど… #介護

デイサービスもお休みとなる年末年始緊張の5日間。やはり何もないと言う訳にはいかないわけで…

大晦日には鍋でおでんを温めたのを忘れて入浴、就寝。まぁ火は消えていたのでこれだけで済んだのはラッキーでした。このままお正月も乗り切れたら良かったのですが(はぁ)

元日もする事はないので15時過ぎには雨戸も閉めて家は暗闇の世界。これで静かに過ぎてくれるならお安いものだが、ここからボケ炸裂でした。

2日朝には「誰か家に泊まっているのか?」なんて意味不明ことを言い始めたと思ったら、その夜は人の部屋までやって来て「今帰って来たのか?」(いやいやずっと家にいたでしょ?)その後も「火の始末を確認しないと」とか言って家の中をウロウロし続けた。

3日には頻繁に部屋を覗きに来ては「起きているか?」とかなんとか。そして深夜ついに家の外へ出てしまう。焦って見に行くと自分で戻って来たところだったので何事か尋ねると「昨日の現場の様子を確認しようと思って」(て、真夜中ですけどっ!)「セメントもう固まっちゃったかな」「今日はもういいにしておくか」等々、声を掛けても聞こえているのか?いないのか?返事はしている感じだが噛み合ってないよな。

その後も、早朝に部屋を覗いて「風呂入ったか?」「具合が悪いのか?」(夜明け前ですから寝てるでしょ。普通!!)みたいな。

本人がどの時空に入り込んでしまっているのかが理解できないので話を合わせようにも何がどういう状況なのか。で、当然のように昼間の意識がはっきりしている時に聞いてみても「知らない」「覚えていない」ですからね。デイサービス再開で少しは時間感覚が戻ってくれるのか、病状悪化が進むだけなのか、2019年は、いったいどんな年になるのやら。

 

.

 

2018年 #介護 ファースト そして…

父の認知症は思った以上の早さで進行し、母は好不調を繰返しているが寝たきりの絶対値は変わらず。いずれにしろジワジワと確実に…て事です。

でワタシはと言えば健康診断で悪玉コレステロール値がついにレッドゾーン(要治療)に突入!数年前から桃色注意(苦笑)で素人なり気を付けたつもりだったが悪化は止まらず「ついに」である。親の状態は医師とかケアマネさんとか、更に家族や親戚とかも本人に代わって説明しなければならないのでアレコレ注意して生活の全てが「介護ファースト」で自分の事は後回しってわけか?

ちなみに「気配」にはやらたと敏感になってる。音、臭い、室内に変化はないか?とか。「アタシは追手から逃げてる忍者かよっ?!」てな状態だ。住宅地の夜などは近所の物音も良く聞こえるので、ほんとに気が休まる時ってないかな。とは言っても、父の脱走は見逃したりしているので全く何と言うのか何も言えないと言うか。

世間じゃ「時間は作るもの」「介護サービスを活用して」とかよく聞くけど現実問題ど~よ?勿論うまくはまっている方々もいるのかもしれないが…(考えると、結局益々ストレスが溜まるだけだしな)自分なりに運動とかも活動量計使ったりして意識はしていたつもり(歩数データ的には年々増加はしていたんだけどなぁ)が、内容的に「暴飲暴食」状態って事なんだろうか?これって、海外で貧困層に肥満が多いのと同じような状況て事?

来年の目標は自分の身体を何とかしないと。とは言いながら狂気の軽減税率対応でストレスぶっとび~な気配だけどね。マジ笑えねー

.

#徘徊 監視アラーム #介護

浴室とか仕事部屋の緊急対応で後回しになっちゃいましたが、問題は玄関ですよ。徘徊対策ですよ!普通に考えて、まずは「玄関に鍵を追加」て事になるわけですが、これが悩ましい。

室内と違って玄関となるとキチっとやらなきゃでしょ?しかも、玄関の場合は「内から」と「外から」の両面を考えなきゃいけない。徘徊だけを考えるなら「内側で開け閉め」するだけの事なのですが、それだとワタシが外出から帰宅した状況では内側の鍵はワタシの支配下にないわけで、万一父が施錠しちゃうとワタシは完全に締め出されるて事に!これは過去に実際に何度か起こった事で玄関の内側で父が「分かんなくなっちゃったぁ」とかパニクってるわけです。「そもそも何故鍵に触ったのか?」て話なんですが、そんな事より今この状況を「どげんかせにゃ」で、「ガラスをブチ割ろうか?」とかマジで考えるわけです。(最近TVで洗濯干しにベランダに出たら子供が窓のドアを閉めてしまって。なんてのやってましたが「まさに」それです)

「手の届かない所に付ければいいんじゃない?」と言うのが一応の解答でしょうが、ボケ老人の怖いところは問題行動しちゃう時とか何故かヒラメキなのか「火事場の馬鹿力」的な能力を発揮したりするので奴らを甘く見ちゃイケナイのである。

いずれは、内外両方ともに鍵を必要とするタイプ(そもそも、あるのかな?)を取り付けなきゃならないかも。だが、今回は別の方法を探ってみた。ケアマネさんや介護用品屋さんに相談して、とにかく深夜の外出状況を把握しようと言う事で徘徊防止アラームを取り付けました。と、言っても特別「徘徊」の為の機能があるわけではなくコンビニの入り口とかでピンポ~ン♪てなるアレです。

で、取り付けてから気付いたのですが、この手の装置はセンサー範囲を「通り過ぎた」時に鳴るのであって、その瞬間を聞き逃してしまえば終わりだって事。目覚まし時計のように確認するまで鳴り続けてはくれない。一応、枕元に置いて寝るようにするが気付けるのか?気付いても既に外に出てしまった父に追い付けるのか?不安は尽きないが、これまたやってみるしかない。

<参考>今回使用したのは「スポット人感チャイム X855」(リーベックス株式会社)玄関に設置したセンサーとワイヤレス受信機(チャイム)のセットです。

.