Archive for 2018年7月

姉の十三回忌

今夏で姉の十三回忌を迎えたわけですが、自分が姉よりはるかに年寄りになったというのはなんとも奇妙な感じです。姉が亡くなった日は焼けるように暑い日でしたが、今年は蒸し焼きになっちゃいそうな暑さです。お寺の本堂で気が遠くなってしまいそうに(汗)

今回、両親が要介護の状態であり特別な事はせず出来る限り簡素に済ますようご住職とも相談し、とりあえず父のデイサービスがお休みの日に行う事にしました。お天気や本人の体調、意欲など実際に出掛けるまで心配でしたが、無事に父もお墓参りする事が出来て一安心です。多分、父にとってはこれが最後のお墓参りになるでしょう。(次は本人がお墓の『中の人』になる時?)

親より先に子が逝くというのは、こういう事なのだと改めて実感する訳です。

数か月前には「娘の十三回忌があるから帰らないと」と言ったりしていた母ですが、その後いろいろあって痛み止めを強くした副作用なのでしょう身体も意識も寝たきりといった状態です。面会に言っても会話できる事は少なく、今回の事も先日亡くなった叔父の事、更には昨年亡くなった母の弟の事も伝えられずにいる。(知らない方が本人の為だと、自分に言い聞かせている訳ですが、姉の余命宣告の時もそうでしたが『秘密』を持つと言うのはなんとも...)

両親には少しでも長生きして欲しいと思いつつも、いろいろ考えてしまう事はあるわけです。

 

 

 

広告

赤い彗星かよっ!? #介護

目に付いた物を手にする事は以前にも書いた気がしますが、部屋ごとにカップ、数本のスプーン、爪切り、はさみ(先日亡くなった叔父もそうだったようですが、何故か刃物を手元に置きたがる)、勿論キッチンの水切り籠にも食器が山積み(はぁ)

身体ひとつで動きも鈍いはずなのに何故にこうも次々と散らかしていくのか?通常の3倍で散らかしていく。って、アンタは赤い彗星かよっ!?

片付ける意欲自体を失わせるという、なんともアベノミクス的戦術。ヤレヤレ

笑うしかないな。

 

 

 

身体が溶けていく #介護

父が先か、母だろうか?そんな事を考える日々ですが、思わぬところから訃報が届きました。叔父が急に亡くなった。3ヶ月ほど前に要介護認定を受けたばかり(要介護認定までの経過についてはちょっと思う所があるが、それはまた機会があれば)、半年前は自転車で通院や買い物に出掛けていたと聞いていたし、数日前に具合が悪いといいながらも直接会っていただけに驚きです。

死因は「横紋筋融解症」とか言うらしく、筋肉の細胞が溶けていくとかなんとか、難しい事は分からないが珍しいらしい。そんな頃、母は股関節の痛みが悪化しているとかで主治医からの説明があった。こちらは「大腿骨頭壊死症」ではないか。との事(断言は出来ないそうだが)で骨が死んでいくとかなんとか、やっぱり難しい事は分からない。レントゲン写真を見ると確かに入院時(およそ3年前)と比べて明らかに変形が進んでいるというか骨頭?丸い部分が無い!寝たきりで負担は無いはずなのに(そうゆう問題ではない?)

まぁ病名や原因が分かったところで出来る事は何もないわけで、少しでも痛みを和らげることが出来るならそのような処置をお願いするしかない。面会に行っても「痛い」というばかりで、擦ってあげようにも触れば痛いようだし(はぁ)

叔父は要介護や入院も結果的に短い期間だったと思えば、それはそれで良かったのかも。とか思ってみたり…