深夜活動は徘徊の予兆なのか? #介護

「夜中に目が覚めてしまう」と、父は以前から良く言っていたが、高齢でもあり昼間もウトウトする生活では目が覚める事は大きな問題ではないし、目が覚めてもトイレに行ったり、水を飲むくらいで寝床に戻っていたので特に気にしてもいなかった。

それが最近では「目が覚めたら、眠れない」とかで起き上がって活動する事が度々あり困った事態にもなっており、今後さらに悪化するのか?徘徊とかしちゃうのか?とマジで心配になってきた。

ある時は、部屋を移動し照明をつけ、こたつをつけ、TVをつけて食事の準備を始めたらしくガスの火をつけ、そこから何故か本人は入浴(この頃、頻繁に入浴するという症状も酷かった)し、湯船につかったまま居眠りしているという...ワタシはガスレンジのアラームを布団の中で聞き「まさか」と思いながらも確認しに部屋を覗いてビックリ!そもそも本人は意図して行動していたのか、寝ぼけていたのかも分からない(本人に聞いても大抵は「何がなんだか分からない」とか言うだけで、これも本当に訳が分からないのか誤魔化しているのか)

照明やTVはどうでも良いが、ガスや湯船で居眠りは非常に困った事で。かと言って何か対策があるわけはなく注意を払って気を付けるしかない。ガス会社で夜間は使用停止するシステムとか作ってくんないかなぁ。老人は変な?知識や記憶はあるので元栓を止めても自力で解決しようとして逆に事態を悪化させる可能性があるので下手な対処は怖いのです。

認知症は日に日に確実に悪化しているわけで、これからどうなっていくのかはなってみなけりゃ分かりません。どうなるんだろう?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。