キガスル、ロウジン。 #介護

父の風呂通い?が止まらない。ふと母のトイレ通いを思い出した。そう考えれば籠り場所は違っても症状としては同じ事なのかな?と思えてくる。

母の場合は排尿に関する事だったので泌尿器科に診てもらったりもしたが、結局はどうにならなかった。父の入浴となると病気って感じにはなりそうにないので、さてどうしたものか。

基本は「寒い」と思うから「風呂」て発想のようなので別の方法で暖かければ良いのでは?と思い、エアコンで温めた部屋を用意してみたり、こたつを用意してみました(今回の為に新たに買いましたよ)が、お気に召さないようで。黙ってみていれば1日に10回位浴室と部屋を行き来している様子。

しかも、他の事は忘れても(本当に食べることも忘れているらしい)風呂だけはそれだけ通うわけで。やはり「寒い」と言うのは言い訳(と言うか、本人なりの理由ではあるのでしょうが)で、実際寒いかどうは別にして「気がするから風呂」という思考に囚われてしまっているのではないか?つまり病状って事か。

食事もせずにお湯に浸かって1日を過ごすのは身体にも良くないだろうし、浴室は老人にとっては危険がいっぱい。そこが心配なのだが本人は全く気にしないしなぁ(「危ないからやめて」と言っても、そーゆー事は即行で忘れるし)こうなると「○○に付ける薬はない」状態なので、まさにお手上げです。ウ~ム

 

.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。