補聴器とみかん(の皮) #介護

朝デイサービスの車に乗って「さぁ行ってらっしゃい」かと思いきや、スタッフさんが戻ってくると「補聴器が無いとか言ってますが」。え?ここで補聴器?いつも付けろと言っても「変わらないしぃ」とか言って使いたがらないのに、このタイミングですか?

この時は付けていたはずなのに気付いたら耳に無いのかと思って、玄関から車に乗るまでに落としたのか、どこかに置き忘れたのかと思いざっと見て回ったが見つからず改めて確認すると「今日は付けていない」って。

う~。それじゃいつから無いのかも分からない。ホントに「何故、今?」だよ。とにかく補聴器を失くした事は分かったので、スタッフさんにはそのまま出掛けてもらう事にして、さぁアタシは補聴器捜索ですよ!

とは言えどう探したものか。以前の「◆消えた歯磨き粉」のように思いもよらぬ場所にあったりするから慎重に隅々まで探さないとなぁ(はぁ)まずは普段の行動範囲のそれらしい場所(脱衣所、台所、玄関)。そして布団の中だったり服などに紛れていないか。もしかしたら気付かずに本人が持っている可能性もあるが…

そしてゴミの中。あった!ゴミの中に、しかもご丁寧にみかんの皮と一緒に新聞紙に包んであったりするわけで。もうぅぅぅ!

 

見つかってしまえば「もしかしてアタシって天才?」とか思ったりするのだが(^^♪ まさかホントにゴミの中とはっ。今日見つけなきゃそのまま捨てちゃったかもよ。補聴器たしか15万位したはず(ぞっ!)

帰宅後、本人に伝えると「落としちゃったのかな?」。え”~!それだけ?まぁ何を言ってもどうせ忘れちゃうし見つかってメデタシメデタシにするしかないのかぁ。

 

.

広告

はじめてのインフルエンザ予防接種 #介護

先日ケアマネジャーさん定期訪問時に「デイサービス等施設側から予防接種の要望が出るかもしれないので、受けておいた方が良い」との助言もあり今年は父を連れての接種でした。その父は、八十代半ばにして人生初インフルエンザ予防接種らしい!

ケアマネさんも先生や看護婦さんにも驚かれたり感心されたり呆れられたり

・よく今までに何も無くて良かったね~
・高齢者こそ受けておかなきゃ
・感染しない訳じゃないけど症状の度合いが違うから
・割安なんだし(高齢者は半額)
・半年くらい効果があるから早めにやっておくべき

予防接種を受けた病院はいつも通院している所ではありません。主治医の病院では予防接種の日時が決まっていて(週1回)定期の診察とは別に改めて出掛けなければならいし、そこにいろいろ合わせるのが大変だしで、ワタシが十数年前からインフルエンザ予防接種には通っている病院(元々姉が通院していたのがキッカケで、以前は自分の通勤途中でもあったし)では、予約すれば大体希望の日に受けられるので、自宅からはちょっと遠いけどこっちに来たってわけです。

出来れば施設(デイサービス)とかに往診でしてくれたら良いのにって思いますけど、アベノミクス的には、金掛かる奴らはさっさと…まぁ無理なんだろうな。

ちなみに母も昨年入院した事によっての初接種でした。ほんと「予防」とか考えない人達だったんだなぁと今更ながら…

イライラする。介護者だってイライラする。 #介護

怒っちゃいけないとか、否定しちゃいけないとか、そんな事は重々承知です。それでも介護者だって人間です。

最近は「認知症だって何も出来ないわけじゃない」という点が取り上げられる。勿論、介護する側にしたって自分で出来る事はやってもらえるに越した事はないわけです。

が、やはり「出来具合」は気になる。と言うか、それが新たな問題になったりすると...

父は食事については基本自分で出来ますが、台所と部屋の間に点々となにやら液体が。とか、冷蔵庫の前が水溜まりに。とか、まぁこのくらいなら気付いたら拭けば良いのですが。て、もちろん気付くのはワタシで本人は足の感覚が鈍っているのか全く気付かない。よって、上を歩いて更に被害が拡大するという(はぁ)

床を拭いた雑巾で食器を拭く事にも躊躇しないし、それ自体は本人が気にしないならとも思うが、それで体調を崩されては困るし、かと言って説明してもなぁ。炊飯器や洗濯機が動いている間は蓋を開けないように言ってもダメだし(動いている時はランプが点いている。終わったら音が鳴ると言っても分からない?忘れる?その場で注意しても「ランプ消えていた」とか言うし)

ガスの消し忘れもいつもの事(炎は安全装置で自動消火はするが、グリルの中身が放置されていたり)なので、部屋の明かりを点けておくと何故ご丁寧に照明だけは消してくれるという。基本夜でも暗闇で行動するのは何故?戸締りにしろ「とにかく目で見て確認するように」と言っているのだが、手先の感覚で「やったつもり」で済ませてしまうのだから、もうっ!

これらが認知症の結果なのか、元々のだらしなさなのかは分からない。多分、相乗効果(←使い方正しいのかな?)なんだろうな。

 

 

.

夢か幻か。 #介護

最近の父は返事に困るような発言が多くなっている。突然部屋にやって来て「(次男)は何処行った?」「ベッドの横に水道管があるのか?」とか「飯食べたか?風呂入ったか?」とか。

とりあえずそのままに「○○はいないよ」とか「無いよ」とか返事をすると「そうか」と納得したかははっきりしないが自分の部屋に戻っていくわけだが、何を言いたかったのか、何が起こったのか判断しかねるので悩ましい。

後日改めて何故そんな事を言ったのか確認した事もあるが、本人曰く「夢を見た(人の声がした気がする。水の音が聞こえた気がする等々)」らしい。つまりは寝ぼけていたと言う事か?さらに自分から「精神科へ行った方が良いか?」と言い出したりもする。

と言うか、精神科には認知症検査から既に通っていたのだが…

まぁ、日中のほとんどをゴロゴロしていて寝ぼけたというのは大いに納得いくところで、明らかに起きている状態では異常言動はないようなので精神科でどうこうは必要ないだろうとは思う。ケアマネージャさんも「更に薬を飲んだりする方が逆に良くないのでは?」ということだし。

これが、幻聴、幻覚という事だと、かなり困った事態だが、そうではないようなので当面は様子を見るってことで。

 

.

消えた歯磨き粉 #介護

認知症の典型的症状といえば物忘れ、そして探し物でしょう。本人の訴えに対してどう対処すべきかの前提として事実の確認が必要だったりするのだが、これが本当に難しい。

先日は「買ってきた歯磨き粉が見つからない」というので、状況を聞いてみるとポイントはこんな感じ。

・朝早くコンビニに行って来た

・歯磨き粉を買った

・帰宅後、シルバーカートのカゴの中に無い

.

さて、何が事実で何が妄想あるいは嘘なのだろうか?

・確かにカートのカゴは空だ

・コンビニにも電話してみると、それらしい老人を覚えていたらしく「レジ袋で本人に手渡した」とのこと

すると、帰宅途中で落としたか、持ち帰ってからどこかに置き忘れたか?そこで、ネットワークカメラの録画を改めて確認してみた。業務用の監視カメラではないので、断片的な映像から推測するしかないのだが...(設備的なバージョンアップはずっと課題である)

下は帰宅時の映像だ。レジ袋らしきものが映っている。本人は「歯磨き粉だけを買った」と言っていたが、袋は2つあるように見える。そのまま続きが録画されていれば良かったのだが設定上、次の場面では袋は既に消えていた。う~ん。

袋が消えた後、台所から戻って来る本人の姿が...あ、そっか!この流れだと買ってきた物を冷蔵庫にしまった可能性が高い。

ビンゴ☆冷蔵庫内のレジ袋に歯磨き粉を発見。一緒にあったレシートによれば確かに朝早く買い物をしており、他にヨーグルトとかスナックとかも一緒に買っているじゃないか。そして、もう1つの袋は温かいコロッケなのだがやはり冷蔵庫に。

本人に伝えると歯磨き粉以外の商品は覚えがないという。ヤレヤレ

今回は歯磨き粉やコロッケが冷蔵庫にあっても別に害はないし、見つけられなかったとしても大した問題ではないが、こんな感じでちょっと前の事でもスッカリ忘れてしまう事で、今後どんなことが起こるのだろう?

帰宅願望に油を注ぐ主治医って。 #介護

最近の母は妙に?意識が明瞭だ。そうなると帰宅願望が…で、主治医に直訴したりするわけだ。

そして問題なのは主治医の対応なのだが、本人に向かって「家族が良ければどーぞ」とか?主治医曰く「退院の希望を病院側が拒否する事はできない」が正論なのは理解するが、その道のプロとして本人の容態や家族の意向を考慮せず、ただ建前を貫くっていうのはどうなの?

この話は過去にも繰り返されていて婦長さんも交えて主治医に対し「帰って良い」的な言い方をしないようにお願いをしたのだが頑として拒否られている。せめて「ダメと言えないのなら、良いとも言わないで欲しい」と譲歩してみても返事がない。で、またもやってくれたってわけだ。

正直、主治医の意図が分からない。まぁ、これがアベノミクス時代て事なのかな?

 

.

老老介護はじめました。 #介護

父の要介護認定が正式に「要介護1」となりました。これで両親揃って要介護となったわけです。老と老を介護する。これって「老老介護」で桶?

母を家で診ている時から「二人は面倒みられないからネ!」と言い続けてきたワタシですが、こんなに早くそんな事態になろうとはネっ。

介護サービスじゃあ自己負担についてはアレコレと条件をつけてくるのに、受けられるサービスについては夫婦共に要介護だからといって何か考慮される事はなさそうだしな。

あぁアベノミクス時代...